不用品回収後のフローリングの張替えはどこの業者へ頼むの?

不用品回収後のフローリングの張替えはどこの業者へ頼むの?

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

不用品回収後のフローリングの張替えはどこの業者へ頼むの?

賃貸マンション、分譲マンションなどではリフォーム業者とのトラブルは後が絶えないとよく言われますね。
これは、そもそもマンションの床下構造の知識や経験が浅い工務店などでは、よくあることなんだそうです。
一軒家では、近所の工務店などへ依頼して見積もりをとってくることになりますが、注意点は工事費と、材料費で別途費用が異なるという点です。

無垢材や特殊な材質のフロア材でも、多くは1uでの単位で計算し、数枚から10数枚までのセットを何セット必要になるかで、材料費は決まります。
無垢材で6畳だと、工事費、材料費込みで総額20万前後は必要になる場合が多く、基準はこのあたりではないでしょうか。
例として、材質がオーク材で平米単価7,800円などがあります。
6畳は、坪数にして端数を含めるので4坪相当に該当しますから、戸建て住宅では、10万〜12万で、工事費6万〜7万前後として、床下清掃、撤去処分費用、断熱材など合わせて3〜4万、その他雑費2〜3万でやはり24万〜25万は必要になります。

マンションの場合は、マンション管理関連会社や建設会社を通した工務店や、リフォーム業者を使うのが一般的です。
最近は、ほとんどのマンションがオートロックなので、悪質なリフォーム業者勧誘は排除されつつあります。

マンションでは、他にも下張りや配管などの処理作業もあると思われますので、加えて2万〜3万は追加で発生します。
仮に、遺体処理後の床張替え作業で現状回復まで持っていくとなると、消毒作業、消臭なども補足作業で追加されるのと、やはり強烈な悪臭の中での作業ですので、料金は全体的に総額は引き上がります。
特殊清掃作業では、張替えなしで1平方メートル3万5,000円〜が相場のようです。
業者は、消毒作業などもあるので、特殊清掃業を営んでいる専門業者や工務店などですね。
張替えまで含める場合は、一度特殊清掃業者に依頼してから、専門のリフォーム業者や工務店に依頼することが多いそうですね。

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較