冷蔵庫の不用品回収方法(体験談から分かる最適な処分方法)

冷蔵庫の不用品回収方法(体験談から分かる最適な処分方法)

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

冷蔵庫の不用品回収の「業者選びのコツ」と「依頼時の注意点は?」

この記事では、
「冷蔵庫の不用品回収業者選びのコツと、不良品回収依頼時の注意点」についてまとめましたので、良かったら読んでみてください。

 

まずは、冷蔵庫の不良品回収について。
粗大ゴミ扱いとして無料で捨てることが出来ましたが、家電リサイクル法が施工されてからはそうはいかなくなりました。

 

 

家電リサイクル法が施工されてからの冷蔵庫の処分方法をまとめました。

 

@中古品として回収
まだ使えそうでしたら安くはなってしまいますがお金と交換してもらう方法です。しかし、冷蔵庫の場合はフロンガスの問題もあり、大型のものほど処分費用が高くなります。
ですから査定料無料ののキャンペーンをしている業者に一度問い合わせると良いでしょう。

 

 

A家電量販店に依頼
新しい冷蔵庫を購入する時に引き取ってもらえますが有料となります。
最低\5000はかかると思っていて下さい。

 

B家電の回収業者に依頼
専門の回収業者に依頼する、という方法です。
使わなくなった冷蔵庫の処分を安く請け負ってくれる場合がありますが、「業者選びコツ」と「依頼時の注意点は?」があります。

 

業者選びコツとして、
1)「一般廃棄物収集運搬許可」を持った業者を選ぶ
無許可で回収する業者もありますので、必ず書面で確認するようにして下さい。

 

2)誘惑する広告文にご注意を
「無料回収」や「今すぐ見積もりに伺います」といった業者には気をつけて下さい。「無料」なのに請求されることもありますので注意して下さい。

 

3)所在不明の業者にご注意を
軽トラ1台で転々としてる業者です。
トラブルが発生した時に、連絡がつきません。領収書の発行を事前に依頼して下さい。

 

最後までお読み下さりありがとうございます。

体験談

不用品回収には業者選びのコツがいります

不用品を回収してもらう業者選びには、注意が必要です。不用品回収業者には、無許可の違法業者が多数存在しています。見積もりを依頼したら、勝手に荷物を持っていかれて後で高額請求をされる被害や、回収されたものが僅かなのに、何十万円も請求されるトラブルがあります。「無料で回収します」や「いますぐ見積もりに伺います」という甘い言葉には気をつけたほうがいいです。ダマされないようにする業者選びコツとしては一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者のみに不用品回収依頼をします。また依頼時の注意点は、業者によって見積もり金額が違いますので、お客様にわかりやすい価格表を作成している会社に依頼します。口頭で料金確認をしたときに、曖昧にしたりよく分からないことを言ってくる業者には注意が必要です。所在不明の業者も多数存在していますので、お金を支払う前に領収書の発行をお願いするのも大事なことです。所在不明の業者は、身元を明らかにされたり、料金を支払ったことを照明する領収書を発行したがらない傾向にあります。粗大ごみ・廃品・不用品の種類としては、AV類・パソコン・シロモノ家電(冷蔵庫・電子レンジ・トースター・炊飯器・食器洗い機など)・照明・寝具・チェアー・テーブル・収納家具・カーペット・日用品・スポーツ用品などがあります。回収車両費として、どの回収業者も一律3150円の料金がかかります。回収料金にはオプションとして別途料金がかかることもあります。

 

不用品回収業者選びコツを教えます

不用品回収業者選びコツは知っておくと思わぬトラブルに巻き込まれることはありません。不用品回収業者には、無許可の違法業者が多数存在します。トラブルには、「見積もりを依頼したら勝手に荷物をもっていかれて高額請求された」とか「少量の荷物で高額請求された」などがあります。所在不明の業者にも注意しなければなりません。高額料金を請求されたあと、身元が分からなくて困ってしまったということにならないよう気をつけたいものです。「無料で回収します」とか「今すぐ見積もりに伺います」などという甘い言葉にも注意します。ダマされないようにするためには、一般廃棄物運搬許可をもっている業者のみに不用品回収依頼をします。依頼時の注意点は口頭で料金確認をしないことです。お客様にわかりやすい価格表を作成してくれる会社に回収を任せます。また、料金を支払う前に、領収書の発行も必ずお願いしなければいけません。所在不明の業者は、身元がわかるのを嫌がるし、領収書による料金の発覚を恐れます。不用品・廃品・粗大ごみには主に冷蔵庫・パソコン・AV類・シロモノ家電・ソファー・ベッド・テーブル・チェアー・日用品(釣り竿・カラーボックスなど)・スポーツ用品・カーペット・収納家具などがあります。回収代金には、オプションとして階段による運び出し作業や、夜間での作業・吊り下ろし・分解作業・スタッフの追加などには別途料金がかかります。また、一律として回収車両費も発生します。

 

冷蔵庫を不用品回収業者に依頼する際の業者選びコツと依頼時の注意点は

現在では全国に不用品回収業者が増えており、自らが粗大ゴミを地域指定の集積所まで運ぶ手間や労力を省略することができ、また無料で回収される場合もありますのでとても便利なサービスが提供されています。そして、不要になった冷蔵庫を処分する際にもこれらの業者に依頼することが1つの方法として挙げられます。但し、冷蔵庫に関しては平成13年より施行された家電リサイクル法により、ゴミとして排出する側がリサイクル料を負担して家電小売店がこれを回収し、メーカーがリサイクルすることが定められています。その為、不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼する場合には無料で引き取って貰えるケースが少なく、また現物を見てから回収料金を算出することが多くなっています。そこで、その業者選びコツとしては、まず冷蔵庫に限らず不用品の回収を依頼する際にはその業者が各市町村長より一般廃棄物収集運搬許可を得ていることがポイントとなります。これはゴミが適正に処分されるという観点と不当な請求等を回避する観点から重要です。そして、冷蔵庫の回収の有無を確認し、取扱いのある業者に現物調査を依頼して詳細な見積書を得ることが挙げられます。また、依頼時の注意点は業者が現物を確認したその場で引き取って貰うことなく、飽くまでも見積と実際の引取日は別である点が挙げられます。これは荷物をトラックに積み込んでから高額な請求をされたなどの報告事例もあることから、トラブルを回避する為にも正確な料金を提示された上で後日改めて回収を依頼する方が安心です。

 

冷蔵庫の不用品回収業者選びコツや依頼時の注意点は

不用品が発生した時、どう捨てるかは誰しもが悩むところだと思います。
小さい冷蔵庫なのであればまだゴミ集積所に直接持っていくとか、
チケットを張って集積所に持っていくことができるかと思います。
しかし、大きい冷蔵庫だとそれは難しいです。
持っていくこともできないので、
不用品回収の業者にお願いしないといけません。
ただ、買い替えとかであれば、ほとんどの家電店が回収してくれます。
ただし、回収費用は掛かります。
買い替えではなく、純粋に回収のみということであれば、なかなかに注意が必要です。
昨今では取りに来てもらったはいいが、必要なものまで勝手に持っていかれたなど、怖いうわさまであるかと思います。
そんなことにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。
私の業者選びコツとしましては、
近所の業者を選ぶことをおすすめします。
近所であれば、ある程度どんな会社か噂を聞くこともできますし、
近くを通ってどんな会社か見ることができます。
また、業者の方も近所であればヘタなことはできないのではないかと思います。

その他、市からもらえるカレンダーなどに載っている業者を選ぶのもいいかもしれません。
恐らく下手なことはできないかと思います。
依頼時の注意点は、
冷蔵庫なら、冷蔵庫を捨てたいと、はっきり回収してもらう物をいうことだと思います。
また、来てもらう時に近所の人でも良いので、
一緒に立ち会ってもらう人を都合することでしょうか。
以上が依頼時の注意点でした。

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較