家財処分業者の口コミ

家財処分業者の費用は?無料で出来ないの?「家財処分の口コミ」

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

家財処分業者の費用は?無料で出来ないの?「家財処分の口コミ」

家財処分業者の口コミ

目次


【体験談1(口コミ)】リサイクルする家財処分の方法

我家の地域の家財処分は、大型ゴミとして予約をして処分する方法があります。この処分方法だと不用品として、ゴミ収集車に入れられてバキバキと音を立てながら壊れてしまいます。バキバキと音を立てながらゴミ収集車で解体されていく光景を見た時に、まだ使えるにと残念な気持ちになったことがあります。現在では、自治体が家財処分の方法として、まだ使える家財をリサイクルしているところが増えています。私が住んでいる地域でも、家財のリサイクルを始めています。傷がそれ程なく、使える家財を集めて格安で欲しい人に提供する方法です。実施している自治体では、かなり人気があるようで、私が住んでいる地域でもほとんどの家財が抽選形式になっています。不用品として回収された家財は、自治体で修理して磨かれてリサイクルされます。それは真新しい家財に変身して、必要とされている家庭で使われることになります。この家財処分の方法を利用して、祖母が使っていた桐のタンスを出したことがあります。祖母の思いが詰まったタンスでしたが、開閉がしにくくなって手入れが必要なものでした。しかも嫁入り道具だったらしく、大きなタンスなので部屋を占領していました。しかし手入れをすれば、まだまだ使えてキレイな状態の桐のタンスです。これをゴミとして解体して処分されるのは、とても忍びなかったので家財処分のリサイクルに出しました。今では、キレイになって誰かに使われていることだと思います。家財処分の方法には、ゴミとして出すこともできますが、リサイクルする方法もあります。


【体験談2(口コミ)】家の不要な家具を家財処分依頼

私の実家は、もうすぐ築30年になろうかとしています。私を含め、子供はみんな結婚し、独立しているので今住んでいるのは、お父さんとお母さんの夫婦二人だけです。家の二階は私たち子供の部屋だったので、今となっては物置同然です。そのため、二階自体に上がることもすくないと言っていました。そこで、もう家も古くなってきたし、老後に二階に上がるのは辛くなってくるので、思い切って平屋に建て替えをすることになったのです。そして、問題となったのは、不要な家財です。この家財処分をどうしようかと悩んだ結果、業者に依頼することにしました。子供部屋のベッドや勉強机、それに家の建て替えと同時に家電製品も買い替えるとのことだったので、本当に多くの処分品があったのです。それを自分たちで全て処分するのは本当に大変だと思い、業者に依頼しました。ネットでいろいろと調べた結果、安く家財処分をしてくれる業者が見つかりました。そして、荷物運びだし当日、私たちは見ているだけで、業者の方が全て荷物の運び出しもしてくださり、非常にスムーズに終わりました。さらに、テレビ台や、子供部屋にあった棚などは、状態が良かったことから、買取もしてもらえました。少ない金額ですが、家財処分の金額の助けとなり、少し得をした気分だと母も喜んでいました。自分たちで大量の家財処分を行おうと思うと、粗大ごみを出すお金も必要なうえ、運び出す時に、非常に多くの労力を使います。業者に依頼して良かったと


【体験談3(口コミ)】家財処分の方法について

私はこれまでに数回の引越し経験を持っているのですが、何度も家財処分の方法について家族間でもめたことがあります。家財道具にはそれぞれの家族の思い入れがあるために、無下に扱うことはできないと考えることとなりました。インターネット上では家財道具の買取を専門的に行っている業者のウェブサイトがありますが、私にとってはこのような業者の存在が欠かせないものとなっています。私はできるだけ新居に移る前に売れるものはすべて売ってしまおうという考えを持っています。そこで、インターネット上の口コミサイトやランキングサイトを利用して家財の買取を専門的に行っている業者の情報収集を行いました。私の自宅には高級なヨーロッパ製の家財道具も多くあったために、そこそこの値段を付けてもらえるのではないかと期待していました。私はアンティークの家財道具の買取を強化している業者に売却を依頼することにしました。私は業者の見積もり額についてもしっかりと見極めるようぬ心がけています。その理由として、見積もり額をみれば本当に信頼できる業者かどうか一目でわかるからです。私は複数の家財道具の買取業者に見積もりを依頼した中で、最も見積もり額の高い業者にお世話になることにしました。私は家財処分の方法としては現金化をすることが最も大切だと考えています。特に大切に使ってきた中古の家具を買い取ってくれる業者は私にとっても非常にありがたいものだと思っています。


【体験談4(口コミ)】家財処分を安い費用で出来ました

私が住んでいる家の近所の人が、少し前に家財処分を行ったと言っていましたが、どうやら業者の人にお願いをしたらしく、とても楽に行うことができたみたいでしたので、私はとても興味深く感じました。私も以前からずっと、家財処分と言うものを行いたいと思っていましたが、自分でやるのはかなり大変そうでしたのでなかなか実際にできずにいましたが、もしも業者の人にお願いをすることができるのであれば、自分もぜひとも利用してみたいと感じました。しかしながら処分をお願いするにあたって、費用面と言うものがかなり気になっていて、正直それほどあまりお金がなかった私は、もしも実際にお願いをして高かったらどうしようかと不安を感じていました。よって便利であるとわかっていても、なかなかすぐにはお願いをすることができずにおりましたが、その後たまたまあるものを見ていたら、家財処分の業者の料金と言うものがそこに書かれていたので、どのような感じになっているか確認してみることにしました。すると、イメージしていたものよりもかなり安かったので、私は思わず自分の目を疑ってしまいましたが、何度確認してもやはり間違いないと言うことがわかり、思い切って実際に家財処分をお願いしてみることにしました。その後はすぐに業者の人がやってきて作業を行ってくれましたが、料金が安いにもかかわらずしっかりと最後まで行ってくれましたので、とても得をした気分になりました。


【体験談5(口コミ)】お宝鑑定団気分で売却してみたら

引越しや、部屋の模様替えをしていると、必ず出てくるのが不用品です。本当にゴミであれば心置きなく廃棄できるのですが、自分なりに思い入れがあって大切にしていたけど今は使わないものだったり、親や親戚が大切にしていたようだけど価値のほどはいまいち不明で捨てきれない、なんてものは処分に困ってしまいます。捨てる技術の本が書店にたくさん並ぶ時代ですから、物が身の回りにあふれていますし、すっきりきれいな家で生活したいと思っている人も多いでしょうから、この際そんな家財処分をしてしまってはどうでしょう。そうなったときにはまずお宝鑑定団よろしくそれなりの買取業者に査定をしてもらう必要があります。私は子育てで使用したもろもろの育児グッズなどのほかに、ブランド物のバックや洋服、母親が昔から持っていて価値があるのかも不明という貴金属数点を買い取り業者に査定してもらったことがありました。育児グッズなんかは一まとめで1000円で買い取ってもらいました。ブランドバックは古すぎて傷もついてるしということで買取拒否かと思いきや、500円で特別にひきとりますとのこと。貴金属が結構意外に価値があり、24金素材だったりプラチナ900だったりと、その素材の現在の相場に応じたグラム数で買取してもらえるとのことでした。念のため数店で話を聞きましたが、どこも大体同じような価格を提示されたので、一番感じのよいところにお願いしましたが、意外とお金になるものがあるんだな、という感想です。


【体験談6(口コミ)】引越しの際の家財処分に困って

田舎の一軒家で独り暮らしをしていた高齢の母を引き取り、マンションで暮らすことになった私達家族。さて実家を空き家にすべくざっと見渡してみたのですが、あるわあるわ、昭和一ケタ生まれで物持ちの良かった父と、それに輪をかけて物を大事にした母、嫁入り道具のタンスから買い足したものまで全て現役で家の中に残されていたのです。自治体は粗大ゴミは引き取ってはくれますが、家まで取りに来てくれることはありません。3トントラックで往復することを考えると、マンション入居までいったいどれだけの回数を運べば良いのか見当もつかず途方に暮れました。そんなときネットのサイトで不用品回収・家財処分の業者サイトを見かけて、試しに連絡をしてみたのです。家具や家電品すべてひっくるめて引き取り・処分を行ってくれるということで、早速見積りを依頼してお願いすることとなりました。驚いたことに購入して3年は経っているであろうエアコンと冷蔵庫、そして電子レンジについては買取りまでしてくれたのです。もちろんテレビやパソコンなどのリサイクル品も回収してくれました。全ての作業が終わって見ると、自分達で片付けることを前提に算出していたリサイクル料金その他処理料金などを合わせた所費用よりも結果的にかなりのコストダウンができたことが判り本当に有り難かったです。見積りから実際の作業までスピーディーに済んだし、中でも丁寧な作業には好感が持てました。この手の業者が全国対応というのも嬉しいですね。年齢を重ねて行く毎に暮らし方にスマートさが求められる昨今、こういう専門業者はしっかりと押さえておきたいと思っています。


【体験談7(口コミ)】引越しをした時の家財処分について

両親と同居することになり、引越しをすることになりました。2世帯住宅に住むことになりましたが、それまで住んでいたマンションよりも専有面積が狭くなることになったので、なるべく荷物を減らす必要性がでてきました。そのため、できるだけ家財道具を減らすために家財処分をすることになりました。新しい住居では、地震対策として、リビングボード、食器棚、収納スペースなどを、すべて備え付け家具にすることになったので、それまでマンションで使っていた、リビングボードや食器棚、結婚するときに購入した婚礼家具の箪笥などを、すべて処分することにしました。また新しく買い替える事になった子供用の2段ベッドも処分することになりました。他にも大きさが大きくて邪魔になっている健康器具もついでに処分しようと考えました。まず処分方法として思いついたのは、リサイクルショップです。婚礼家具は結婚時に両親に揃えてもらい、食器棚や2段ベッドはマンション購入時に両親からお祝いでもらったもので、それぞれ思い入れがある家財道具だったので、なるべく大型ごみにならないように、リサイクルになればと希望しました。リサイクルショップを電話帳で探し、内容を伝えて引き取りが可能かどうか、引き取り価格がいくらになるのかの見積もりにきてもらいました。婚礼家具と食器棚は全く需要がないということで、2段ベッドのみの引き取りとなりました。次に市のリサイクルセンターに依頼したところ、食器棚を引き取ってもらえました。残念ながら婚礼ダンスは大型ごみにだすしかなく、健康器具と一緒にゴミとして処分しました。


【体験談8(口コミ)】引越し時の不用品の処分法

我が家は転勤族ではないので、今の住まいは、家族三人で暮らし始めて13年ほどになる。一度も引越しをしていないので、我が家は物で溢れている。少しでも物を減らそうと頑張っているのだが、家族の同意を得るのは難しい。私にとってはガラクタに見えるフィギィアも旦那にとっては必要なもの。娘の毎月買っている少女漫画本も捨ててはならない物らしい。家に不具合が出て、一部リフォームをせざる得なくなった。このチャンスを逃す手はないと家財処分作戦をこの1月に行った。ここ1、2年使用していないものは原則処分。きれいめの洋服はリサイクルショップに。ブランド物が少ないのでガソリン代にもならなかった。子供服のブランド物が私達夫婦の物よりも高値だった。旦那が履いていたスポーツブランドの靴が売れてのがビックリした。使用感たっぷりだったのに。コタツやソファなど大きい家財はリサイクルショップに査定と引取りをお願いした。思ったとおり、古い家電は引き取り不可だった。ソファやテーブルは数百円だった。意外だったのは古いスピーカーは高値だった。リサイクルショップによってもでも高く買い取る物がそれぞれ違うらしい。先にリサーチしておけばよかったと思ったが、ちょっと面倒くさいかな。部屋がすっきりして、身が軽くなったよう。旦那や娘も「部屋が広くなった。」と喜んでいた。業者に連絡したり、日程を調節したりと大変だったが、思い切って家財処分をやってよかった。


【体験談9(口コミ)】家財処分をしたことに関して

家のなかにある家財を処分したいと考えていたのですが、実際のところどのように処分をしたらよいのか迷っていたのです。もちろん、すべてを捨ててしまえばそれですんでしまう話です。しかしながら、捨てるのはもったいないという気持ちもあります。ですから、すこしでもお金になればという思いがありました。しかし、ながい間つかっていた家財なので傷もついていますし、多少不便なところもありました。そのような家財がお金になるとは思えなかったのですが、家財処分をしてくれる業者に問い合わせをしてみることにしたのです。すると、電話で問い合わせをした翌日には査定に来てくれるとのことだったのでお願いをして自宅に来てもらうことにしたのです。すると、自宅につくやいなや説明をしてもらい、査定にうつりました。査定はひとつひとつの家財についてまんべんなく見てもらうことができました。おおきな家財ですから処分するだけでも大変なので、数百円くらいの値がつけば良いという軽い気持ちでしたし、最悪の場合無料でひきとってくれさえすれば良いと思っていました。数十分が経過して全ての家財についての査定が終わりました。査定にかかる時間は思っていたよりも早かったので助かりました。そしていよいよ査定価格について説明がありました。思っていたよりも高い値をつけてくれたのでとても満足しています。家財処分で困っている人は、まずは家財処分をしてくれる業者に問い合わせてみると良いと思います。


【体験談10(口コミ)】家財処分と回収業者について

私はこれまでに家財処分について気を使ってきました。私の家にはそれほどの家財道具があるわけではないものの、家電製品などは定期的に買い替える必要があるために、家財を引き取ってくれる業者を利用していました。私は初めのうちは市役所にすべての不要になった家財を処分してもらおうと考えていたのですが、何よりも粗大ごみ扱いになってしまうために、処分費用が馬鹿になりませんでした。そこで、地元で長年営業している不用品回収業者に問い合わせたところ、不要になった家財をすべて無料で引き取ってくれることになりました。業者がいうには、無料で家財を引き取った後に修理をして、東南アジアなどに輸出することが一般に行われるということでした。私は、古くなった家財を外国の人に使ってもらうことができればとても幸せだという考えを持ちました。そこで、早速この業者に依頼をしてすべての自宅に放置されていた家財を持って行ってもらうことにしました。不用品回収業者についてはあまり知識がなかったために、業者の選び方にこだわることはしませんでした。しかし、私が依頼をした不用品回収業者の対応はとても親切であったために安心することができました。私はこの時から家財処分を行う場合には、できるだけ不用品回収業者にお願いをすることを心がけています。私は不用品回収業者の存在は地球環境を考える場合にもとても便利な存在だと感じています。今後も不用品回収業者とお付き合いをしたいと考えています。

 

 

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較