【環境省の不用品回収】どちらが正解?環境省(役所)vs不用品業者

【環境省の不用品回収】どちらが正解?環境省(役所)vs不用品業者

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

環境省(役所)vs不用品業者

処分対象商品

環境省(市・区役所)の処分対象商品
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle.html
※かなり限りがありますが処分品が決まっている方は確認してみましょう

不用品回収業者の処分対象商品
※ほぼ全ての不用品を処分(買取)していただけます。フリーダイヤルがほとんどなので気軽に問い合わせるのが得策です。

 

 

処分日は?それに伴う行動は?

環境省(市・区役所)は一般的に指定場所まで時間指定で持ち込む場合や8:00から15:30までに特定場所にて収集をします。
※このページの下部へ都道府県別にてサイトを紹介していますので参考にされてください

不用品回収業者の場合は、日時は即日対応など希望に沿うことがほとんどです。また、それに伴う作業すべてを任せられるのが一般的です。

 

 

回収料金は、どちらがお得?

環境省(市・区役所)の場合、大きいものでも処分費2,000円以内のものが多く民間業者より安い場合が多いです。
ただし、自分で持ち込むなど手間はとてもかかりますので複数個ある場合や大きすぎる物などは、民間業者がオススメになることが多いです。

不用品回収業者の場合、平均すると処分費は倍近くかかるイメージ(※業者により異なります)
ですが、処分品が複数個、ある場合や大きな不用品はトラック詰め放題などの価格が明確な民間の不用品回収業者サービスもありますので参考にされてください。

 

結果、処分する時の「お金・日時・手間」などで判断すると思いますが、
まずは自分の希望を書きだし把握しましょう。
自分に有った処分方法にて納得行くためには、各業者をPickupして電話し業者の比較をするのが最も効果的です。

【経験者は語る!】環境省の不用品回収料金とメリット・デメリット

不用品回収に関する考え方について

環境省の不用品回収とは、地方自治体若しくは一部の一般廃棄物回収業の許可を得た業者に委託される事によって行われる、不要家電等の回収事業の事です。当然ながら正規の回収事業である事から、一部に見られる違法な回収による問題・トラブルが生じないというメリットがあります。また費用面においても、環境省の不用品回収料金は委託先によって異なる面はあるもののそれほどの料金を必要としません。但し、家電リサイクル法に指定されている物品についてはリサイクル券購入の費用が必要になるケースがあります。一方でこの事業は飽くまで回収と位置付けられている事から、再利用が可能なものであっても売却という形態を取らな
い為に、利用者側に売却収入が発生しないというデメリットも存在します。従ってメリット・デメリット両面を有している訳ですが、処分しようとしている物品に再利用の可能性があるか否かを適切に見極める事が出来れば、メリット面を最大限に享受する事が出来ます。中古家電ショップへの売却見積もり等と並行して検討するのがポイントと言えます。

 

環境省の不要品回収料金と環境省の不要品回収のメリット・デメリットについて

環境省の不用品回収料金は、基本料金に回収処分料金とオプション料金をプラスしたもので地方自治体によって異なるようです。環境省の不用品回収とは、古くなった家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫 冷凍庫・洗濯機 衣類乾燥機)を表しており、適切なリサイクルを訴えています。更に、有料回収をして、不用品を出来るだけリサイクルをすることを勧められているようです。メリット・デメリットについて、民間業者では、粗大ごみを自分で運び出すことなく代わりに運んでもらえて、希望日もきいてもらえ、電話をしたらすぐに来てもらえる点が、一般業者のメリットですが、費用が高い点がデメリットのようです。環境省関連の行政の不用品回収のメリットは、行政サービスで提供されていてかかる費用は税金で賄われているので、一般業者と比べると断然費用が安い点があげられるようです。デメリットは、指定の場所まで自分で運び出さなければならない点や土曜日、日曜日は受け付けてもらえない点、日時指定もできない点があげられるようです。

 

現在の不用品回収の在り方を考える

環境省の不用品回収料金は、正直いって割高といえると思われますが、正規のルールに則った処分をしたほうが得策といえます。環境省の不用品回収とは、何か煩わしいと思ってしまいがちですが、最も安全であるといわれています。具体的には、テレビ・洗濯機・エアコン・冷蔵庫を廃棄する際は、不用品回収業者に依頼せず、面倒でも家電リサイクル券を購入して、適正に廃棄することを呼びかけています。家電リサイクル法では、その処分の費用は、ユーザーが負担し、小売店が回収、メーカーがリサイクルするというふうに定められています。しかし、現状は、不用品回収業者がトラックで引き取っていくということが多くあるといいます。もちろんそのような業者に依頼することには、メリット・デメリットがありますが、正規の手順でないため、環境問題や健康問題を引き起こしたり、後になって高額な金額の請求を受けたりと思わぬトラブルに発展するケースもありますので十分な注意が必要です。

 

市区町村に不用品回収を頼むメリット・デメリット

環境省の不用品回収とは、市区町村が不用品回収を行うものです。環境省の不用品回収料金は、市区町村によって料金体系が違います。タンスや机などの不用品を捨てる場合は、市区町村や廃品回収業者などに廃棄してもらいます。電化製品を捨てる場合は、買ったお店や、製造したメーカーや、廃品回収業者に引き取ってもらう方法があります。(市区町村は電化製品(テレビや冷蔵庫など)の回収を受け付けていません)。タンスなどの粗大ごみは、自分でのこぎりで切って燃えるゴミとして捨てる方法もあります。タンスなどの粗大ごみは、分解不能の物もありますので、その場合は市区町村や不用品回収業者に廃棄を頼みます。市区町村に不用品回収を頼むメリット・デメリットとしては、市区町村は不用品回収業者にたのむより安い価格で頼めるメリットがあります。市区町村に頼むデメリットとしては、家まで引き取りに来てくれない、不用品回収まである程度日にちが必要になる、などのデメリットがあります。引っ越しで急きょ不用品を捨てたい場合は民間業者に頼む方法もあります。

 

環境省の不用品回収について

環境省の不用品回収とは使用済みの小型電子機器等の再資源を促進するための措置を講ずることにより、廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図ることが目的です。携帯電話、PHS端末、パソコン、デジタルカメラなど等の小型電子機器等は各自治体に申請して処分してもらいます。エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は特定家庭用機器再商品化法により購入したメーカーに申請し、適正に処分してもらうことになっています。環境省の不用品回収料金は小型電子機器等は各自治体によりますが300円、600円くらい。特定家庭用機器はメーカーにもよりますが一例を挙げるとエアコン2625円、大型テレビ2835円、大型冷蔵庫4830円、洗濯機2520円くらいです。各メーカーに問い合わせたら教えてくれるそうです。この環境省の不用品回収の法律によりメリット・デメリットもでてきますメリットは適正に処理することで埋立処分や焼却処理のかかる費用を削減できること。デメリットは消費者が不用品を無料の不用品引き取り業者に依頼しその業者がゴミを不法投棄したり適正な処理をしないことです。環境の為に家電は適正に処理をしましょう。

環境省が出している不用品回収の情報とは

全国の都道府県庁

各ホームページの「サイト内検索」にて詳細を検索すると求めているページが素早く見つかります。

 

北海道 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/
青森県 http://www.pref.aomori.lg.jp/
岩手県 http://www.pref.iwate.jp/
宮城県 http://www.pref.miyagi.jp/
秋田県 http://www.pref.akita.lg.jp/
山形県 http://www.pref.yamagata.jp/
福島県 http://www.pref.fukushima.jp/
茨城県 http://www.pref.ibaraki.jp/
栃木県 http://www.pref.tochigi.lg.jp/
群馬県 http://www.pref.gunma.jp/
埼玉県 http://www.pref.saitama.lg.jp/
千葉県 http://www.pref.chiba.lg.jp/
東京都 http://www.metro.tokyo.jp/
神奈川県 http://www.pref.kanagawa.jp/
新潟県 http://www.pref.niigata.lg.jp/
富山県 http://www.pref.toyama.jp/
石川県 http://www.pref.ishikawa.jp/
福井県 http://www.pref.fukui.jp/
山梨県 http://www.pref.yamanashi.jp/
長野県 https://www.pref.nagano.lg.jp
岐阜県 http://www.pref.gifu.lg.jp/
静岡県 http://www.pref.shizuoka.jp/
愛知県 http://www.pref.aichi.jp/
三重県 http://www.pref.mie.jp/
滋賀県 http://www.pref.shiga.lg.jp
京都府 http://www.pref.kyoto.jp/
大阪府 http://www.pref.osaka.jp/
兵庫県 http://web.pref.hyogo.jp/
奈良県 http://www.pref.nara.jp/
和歌山県 http://www.pref.wakayama.lg.jp/
鳥取県 http://www.pref.tottori.lg.jp/
島根県 http://www.pref.shimane.lg.jp/
岡山県 http://www.pref.okayama.jp/
広島県 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/
山口県 http://www.pref.yamaguchi.jp/
徳島県 http://www.pref.tokushima.jp/
香川県 http://www.pref.kagawa.jp/
愛媛県 http://www.pref.ehime.jp/
高知県 http://www.pref.kochi.lg.jp/
福岡県 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/
佐賀県 http://www.pref.saga.lg.jp/
長崎県 http://www.pref.nagasaki.jp/
熊本県 http://www.pref.kumamoto.jp/
大分県 http://www.pref.oita.jp/
宮崎県 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/
鹿児島県 http://www.pref.kagoshima.jp/
沖縄県 http://www.pref.okinawa.jp/

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較