引越のさい不用品処分などは引越し業者か不用品処分業者どちらがお得?

引越のさい不用品処分などは引越し業者か不用品処分業者どちらがお得?

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

引越のさい不用品処分などは引越し業者か不用品処分業者どちらがお得?

費用というよりも、トラブルの可能性の点で出来るなら、大手や実績のある所を選ぶのが妥当でしょう。
事前に確認をした後、買取りも行ってくれる業者がお勧めですね。

というのは、
業者にとっては空の状態で帰社するよりも、「売れる商品」を積んで帰る方が効率が良いのと、
引越しの時に積み下ろしで引越し先では下ろす必要もないため、搬送費の節約にもなります。

一方、引越し業者や不用品買取業者を依頼を検討することになるとおもいます。
普通の流れでは
不用品買取りを選ぶとなると、WEBで近所のリサイクルショップを探したり、
見積もりを出したりして、時間的にも搬送費用においても結果的に2度手間になりますね。

また、不用品買取りといっても、一般家庭では大概が家財道具、それも大型家具や大型家電でしょうから、
これらを零細不用品買取り業者に任せると、人件費や搬送料から買取価格は差し引かれ、結果的にこちらの負担が増えることが多いそうです。

買取を依頼するのが決まっているのでしたら
トラック1台換算で計算され、2トン積み放題で3万前後など、引越し費用と考えると、引取専門業者を別に頼む利点は少ないのではないでしょうか?
ただし、大手の引越し業者の不用品買取りサービスを見ると、「製造より6年以内」となっているので、あまり古いものに関しては買取りは行っていないようですので、その際は仕方なく他の業者を選ぶことになります。

費用を安くあげるためにも、引越し先での処分よりは、その前に大型家具などは粗大ゴミ、
家電は引越し先で新しく購入する際に、電気冷蔵庫など家電リサイクル法対象4品目は、新規で購入する際に、所定の手続きを経た上で処分を依頼するようにしましょう。

尚、大手引越しサービでは、「コンビニエンス」において、
買取査定は引越し当日になっているので、ちょっと断れないとか、相見積が難しい状態に陥ることも有りますのでしっかりと品を見定めて事前に問い合わせをしてから行動されてくださいませ

では、良き引っ越しをされてください。
一つでも参考にして頂けましたら幸いです。

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較