自転車を処分!失敗しない無料・有料の不用品回収業者選び

自転車を処分!失敗しない無料・有料の不用品回収業者選び

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

不用品回収(自転車)

自転車を不用品回収-公式ページ

このページでは、自転車を処分した方の声を掲載しております。


自転車を正しく処分するために経験者に聞く!

自転車の不用品回収を依頼する

自分が今まで大切に乗ってきた自転車であったり、その他、大切に使ってきたもので不用品になってしまったものがあるとします。このようなものを不用品回収として取り扱う場合、今の時代であえば引き取ってもらうことになりまして、料金が発生してきます。では、自転車であったり、その他の不用品回収を行ってもらうにあたりましては、どのようにするのが良いかについて触れていきます。業者選びコツとしては、できるだけ複数の業者を探すことです。依頼時の注意点はどのようなところかと言いますと、時間を指定して取りに来てもらうようにするのが良いです。不用品回収は色々と回っているわけですので、時間をある程度決めておきませんと、何時に来るのかわからず、結局、自分自身が身動きがとれなくなってしまう可能性が出てきてしまうのです。ですから、このようにするのが良いです。さらにできるだけ金額を安くするためには、複数の業者から見積もりを取るのが良いです。複数の業者から見積もりをとることによって、魅力的な金額で対応してくれる業者を見つけることができるのです。このような努力を行うことによって、自分にとりまして大きなメリットになってくるのです。ですから、自分でしっかりと対応しておくのが良いです。さらに慎重に行動したい人は、できるだけ複数のインターネットサイトで、クチコミをチェックすることになります。口コミをチェックすることによって、評判の良いところを見つけることができます。

 

不要品回収をしてもらう際の注意点です

不用品回収を業者に頼むとき、どの業者に頼んでどのように回収代金を見積もってもらうか悩むものです。不用品回収業者には、無許可の違法業者が多数存在します。「見積もりを依頼したら、勝手に荷物を持っていかれて高額請求をされた」などのトラブルがありますし、「無料で回収します」や「今すぐお見積りに伺います」などの甘い言葉で騙されるケースもあります。業者選びコツとして、一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者のみに不用品の回収依頼をします。また依頼時の注意点は、業者によって見積もり金額が違いますので、お客様にわかりやすい価格表を作成している会社に依頼した方がいいです。口頭で料金確認をしたときに曖昧にされたりよく分からないことを言ってくる業者には注意が必要です。所在不明の回収業者も多数存在していますので、お金を支払う前に領収書の発行をお願いするのも大事です。所在不明の回収業者は、料金を支払ったことを証明し、身元を明らかにする領収書を発行したがらない傾向にあります。粗大ごみ・不用品・廃品の回収車両費として、依頼をするときには一律3150円の料金がかかります。不用品回収される品の種類としては、AV類・パソコン・シロモノ家電・照明・寝具・チェアー・テーブル・収納家具・カーペット・日用品・スポーツ用品(釣り竿・テニスラケット・ゴルフクラブ・スノボー板・サーフボード・エアロバイク・電動自転車など)があります。

 

不用品回収の際の業者の選定、依頼時の注意点について

不用品回収は様々な業者が行っており、多くの業者があるためどこの業者がいいのかを選ぶのに迷ってしまうことも少なくないです。
不用品回収業者は、電化製品や大型家具、自転車などの日用品といった、自治体で回収が難しい不用品の回収を代行してくれます。
不用品回収を依頼する側としては、業者選びをしっかり行うことが大事になってきます。
業者選びコツとして、訪問見積もりよりインターネットやフリーダイヤルでの査定を受けた方がよいです。訪問見積もりだと業者によって見積もり項目や算出方法が異なりますが、インターネットなどでの査定であれば何度も見積もりを受ける必要はなく、訪問見積もりに比べ金額の差はほとんどないです。
不用品を回収するには各市区町村の一般廃棄物収集運搬許可が必要となります。
許可を受けていない業者が有料で不用品回収を行うことは違法であるため、一般廃棄物収集運搬許可の保有を書面で確認するようにします。
許可を受けていても行政処分を受けている業者が存在するため、各市区町村のホームページなど目を通しておきたいです。
依頼時の注意点は、不用品回収の際に無料回収とうたっていても追加料金が発生したり、不用品を車に積み込んだ後に料金を請求されることも現実にはあります。
こうした事態を防ぐため、最初に見積もりを出してもらったり、積み込み前に費用を明示してもらうことが大事です。
安易に業者に頼むようなことはせず、住んでいる市区町村のルールに従って不用品の処分を行い、分からない場合は役場に確認するようにします。

 

高額な料金を請求されないために

全国的に不用品回収業者に関するトラブルが続発しています。2009年度には、全国の消費者センターに1245件もの相談が寄せられました。一般家庭から不用品を回収するためには、「一般廃棄物収集運搬許可」を得ていることが必要です。しかし、中には、許可を得ずに業務として行っている業者もいます。このような業者に連絡してしまうと、後でトラブルに巻き込まれてしまいかねません。最も多いトラブルの内容は、「当初無料をうたっていたのに作業後に料金を請求された」、「見積もりより高額な料金を作業後に請求された」といったものです。自転車の引き取りを依頼したところ、適切な廃棄がなされず、放置自転車として後日お金を支払わなければならなくなったという例もあります。トラブルに巻き込まれないためには、悪質な業者に依頼しないことです。依頼時の注意点は、依頼しようとしている業者が許可を得ているかを、お住まいの市町村に問い合わせて確認することです。市町村によっては、一覧表として提示されていることもあります。その他に、業者選びコツとしては、料金体系が明確であり、わかりやすい業者、領収書の発行が可能な業者、電話の対応や言葉遣いがしっかりしている業者を選ぶこと等が挙げられます。十分気を付けていても、万一トラブルに巻き込まれてしまったら、最寄りの消費者センターに相談しましょう。高圧的な態度で支払いを請求するケースもありますが、毅然とした態度で断ることが大切です。

 

不用品回収業者選びコツ

使わなくなった自転車を不用品回収してもらいたい、という方への記事です。
そのような方へ、不用品回収業者と依頼時の注意点について記事をまとめましたので、宜しければ読んでみて下さいね。
使わなくなった自転車は、市の回収業者サービスを利用するのが比較的安い金額での回収方法です。民間の不用品回収業者サービスを利用するよりも、安い金額で引き取ってもらうことができます。そして、事前に連絡さえすれば、粗大ゴミでの回収としての扱いとなり、市の回収業者サービスの方が、あなたのご自宅の近所まで引き取りに来てくれます。回収日が決められてしまいますが、一番におすすめしたい業者選びコツです。市の不用品回収サービスを利用する方法と、自分で処分場に持ち込んで処分する方法も、業者選びコツです。この方法が一番安い処分方法です。重たい自転車であっても、数百円で引き取ってもらえます。ただし、不用品の回収施設が近所にない方や、回収施設から遠方の方にとっては厳しい選択となってしまいます。民間の不用品回収業者に引き取ってもらえる方法も業者選びコツになります。回収をお願いしようと思っている業者の料金設定について、きちんと調べておく必要があります。市の回収業者サービスとは違って、回収日は決められますが、回収料金がもちろん違ってきます。依頼時の注意点は、必ず「出張費+回収費」が必要になってきます。業者によっては回収費しか記載していないところもありますので、きちんと「出張費+回収費」のワンセットでの金額を、民間の不用品回収業者のホームページなどで、色々な業者の回収費を比較して下さい。

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較